危機感が薄れている

去年の今頃は、まさか一年たっても新型コロナウィルスがずっと居座っているなんて考えもしませんでした。
今のところは身内や友達の中に命を落とした人はいません。
でもそれは、本当に今のところ、というだけですよ。
入院することも出来ず、気がついたら亡くなっていた人も急増しています。
若い人は、若いから大丈夫ではない。
若くて疾患がなければ入院することはかなり難しく、突然死んでしまう確率が高いということですよ。
マスコミはもちろん、ネットとかでももっとこういう情報を流せばいいのに。
若者はお年寄りとくらべて情弱な人が少ないはずです。
それなのに、危機感がない人がいるというのも不思議です。
まあ、自分のまわりでもコロナに対しての危機感が薄れているのは感じますけどね。