助手席あれこれ

助手席って何故、助手席って言うのか?
ってクイズがありました。
どうしてってそんなの考えたことがなかったです。
正解は自動車のタクシー!
大正元年に日本ではじめてタクシー会社が出来ました。
今は車と言えば日本車が有名ですけど当時はアメリカ製の車が主流です。
アメリカ製の車は車高が高くて着物の女性は乗り降りが大変でした。
それを助ける人がタクシーについていてくれてたそうです。
その人が乗るのは運転手の隣の席だったのでそこが助手席になったって。
そのままだな!って思っちゃいました。(笑)
でもそんな大昔から人への配慮があったんですね。
日本人らしいサービスのような気がします。
まあ、レディファーストはほとんどない国ですけどね。(笑)