口どけが抜群

チョコレートの結晶と美味しさには関係がある
チョコレート職人は溶かしてから30度までにして再度固めます。
このときに出来る結晶に美味しさがつまっているからです。
ミョウバン種をそのまま入れると本体にくついていって回りが大きくなる。
小さなミョウバンの種をいれて増やす。
綺麗に整列して大きくなる。
大体のものに結晶がある。
それの応用で溶かしたチョコレートの中に小さな塊を小刻みにしてチョコレートを入れて溶かす。
一部のごく限られた専門家にしか使われていない方法。
湯煎をすると水が中に入ってしまうのでドライヤーで溶かす。
そこで一つまみ入れる。
何回か繰り返すと粒が溶けなくなってくるのでそこで完成。
平たく丸くして乾燥させる。
この方法だと口どけが抜群だそうなので試してみようと思います。