江戸庶民には風流

残暑を粋に乗りきるの心を癒すアイテムがあります。
それはどんぶりに金魚です。
アートアクアリウムの金魚は現代の江戸の華町風で金魚がいかに美しく見えるか考えられています。
江戸時代後期は中国から渡ってきた金魚が広まってきた
江戸庶民には風流
冷房も氷もなかった時代に金魚をみて涼をとっていた
室温30度の部屋で、どんぶりに金魚があるところにいた人と
なにもないところの部屋で待機した人
やる前に採取した唾液アミナーゼ
なにも部屋の人は増えた
金魚ありの人はやる前より半分になったり、少なくなったりした。
金魚を見ていた人はあまり動かずに金魚をじっとみつめたりしていました。
副交感神経が働き暑さが和らいでリラックス効果があったから唾液アミナーゼが減った