ウィルス性肝炎

C型は慢性肝炎になりやすくなります。
今はインターフェロン治療というのがあるんです。
一週間に一回の注射と飲み薬で治していく治療方法です。
昨年の2011年から3種類の方法により、ウィルス除去は73%になりました。
しかし副作用が起きることもありメリットだけではありません。
血液検査で効きやすいタイプの人はウィルスを除去できることもできます。
効きづらいとわかった場合はきつい副作用が出る薬をしなくていいわけです。
効くのならと我慢していたのに効かなかったということは避けられるわけですね。
ウィルス性肝炎はAからEまであるんです。
B型とC型は血液感染。
A型とE型は経口感染。
2010年に日本で流行したA型肝炎。
東南アジア経由ウィルス50%
新しいタイプのウィルス20%
日本在来のウィルスは20%
海外で肝炎ウィルスにかからないために注意すること。
水はもちろん氷も注意するべき!
肉は焼けているか、食べる前に手を洗うなど。